ぺーぺーSEのテックブログ

備忘録用メモサイト

RSSを購読する

Androidアプリ入門 Macで環境構築編

Mac で Android アプリを開発する際の環境構築についてまとめる。
なお、プログラミング言語は Kotlin を選択する。

公式ドキュメント

Android Studio の設定

Java 1.8 はインストール済みな前提。
バージョンは 3.0.1 for Mac 。

インストール

1
2
$ brew update
$ brew cask install android-studio

Homebrew については Homebrew 入門 を参照。

初回起動時の設定

android-studio でインストールした android-sdk 系のツールは ~/Library/Android/sdk 配下に配備される。
以下の初回起動時の設定後にダウンロードされる。

  1. Android Studio 起動
  2. 「 Do not import settings 」 -> 「 OK 」
  3. 「 Next 」
  4. 「 custom 」 -> 「 Next 」
  5. 「 Default 」 -> 「 Next 」
  6. 以下を選択して「 Next 」
    • Android SDK
    • Android SDK Platform
    • Performance (Intel HAXM)
    • Android Virtual Device
  7. 任意の Emulator Settings して「 Next 」 -> 「 Finish 」

「[ダウンロードしたアプリケーションの実行許可]の下の方に intel なんたらかんたら」って出たら、Mac の「システム環境設定 > セキュリティとプライバシー」を開いて許可する。
~/.bash_profile に以下を加筆した後 source ~/.bash_profile を実行。

1
2
3
4
5
6
7
export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v1.8`
export ANDROID_HOME=$HOME/Library/Android/sdk
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/platform-tools
PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools/bin

export PATH

$ adb devices$ sdkmanager --help が実行できることを確認しておく。

アンインストール

1
2
3
4
5
6
7
8
9
$ brew cask uninstall android-studio
$ rm -Rf ~/Library/Preferences/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/Library/Logs/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/Library/Caches/AndroidStudio*
$ rm ~/Library/Preferences/com.android.Emulator.plist
$ rm -Rf ~/Library/Android*
$ rm -Rf ~/AndroidStudioProjects
$ rm -Rf ~/.gradle
$ rm -Rf ~/.android

Android Studio の使い方

  1. Android Studio 起動
  2. 「 Start a new Android Project 」
  3. アプリ名、ドメイン名、「 Include Kotlin Support 」にチェックを入れて「 Next 」
  4. アプリのプラットフォームを選択して「 Next 」
  5. コンポーネント( Basic Activity でよい)を選択して「 Next 」
  6. メインとなる Activity の名前などを設定して「 Next 」->「 Finish 」
    • この時点でプロジェクトの初期設定環境
    • エラーメッセージが出た場合は、メッセージに従い SDK Manager からツールをダウンロードする
  7. エミュレータの作成
    • AVD Manager から作成できる
  8. 右上の再生ボタンでアプリを実行可能

「 Shift 」を2回押すと、 Search Everywhere が起動する。

プロジェクト構造

Android プロジェクト構造は以下。
実際のディレクトリ構造と異なることに注意。

  • app
    • manifest : AndroidManifest.xml がある
    • java : テストコードを含む Java ソースコードのファイルがある
    • res : XML レイアウト、UI 文字列、ビットマップ イメージなど、コード以外のすべてのリソースがある( resource の略)
      • drawable : 画像
      • layout : Activity のレイアウト
      • menu : アプリのメニューのレイアウト
      • mipmap : 拡大縮小アニメーションに対応した画像
      • values : 文字列や値を XML で管理
  • Gradle Script : ビルドファイルがある
    • build.gradle (Project: xxxx) : プロジェクトのすべてのモジュールに適用されるビルド設定
    • build.gradle (Module: app) : <project>/<module>/ ディレクトリにあるモジュールレベルのビルド設定
    • gradle-wrapper.properties
    • proguard-rules.pro : ProGuard はビルド時にアプリのソースコードを難読化するツール
    • gradle.properties : Gradle デーモンの最大ヒープサイズなど、プロジェクト全体にわたる Gradle 設定
    • settings.gradle : アプリをビルドするときに含めるモジュールを Gradle に通知するファイル
    • local.properties : SDK インストールへのパスなど、ビルドシステムのローカル環境プロパティを設定

公式ドキュメント:ビルドシステム

マニフェスト

AndroidManifest.xml のこと。
記載方法は以下を参照。

公式ドキュメント:アプリ マニフェスト

NDK の導入

Android NDK ( Native Development Kit )は、C や C++ などのネイティブ コード言語を使用して、アプリの一部を実装するためのツールセット。

  1. Android Studio 起動
  2. SDK Manager 起動
  3. 「 SDK Tools 」から「 NDK 」「 CMake 」「 LLDB 」を選択してインストール
  4. NDK を利用するプロジェクトでは「 Include C++ support 」をチェックしておく必要がある

NDK に関するビルドの設定は、モジュールレベルの build.gradle で行う。
例えば以下は、cpp のビルドターゲットの .so を armeabi 、 armeabi-v7a に限定する設定。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
apply plugin: 'com.android.application'

apply plugin: 'kotlin-android'

apply plugin: 'kotlin-android-extensions'

android {
compileSdkVersion 26
defaultConfig {
applicationId "sample.pepese.org.audiosample"
minSdkVersion 15
targetSdkVersion 26
versionCode 1
versionName "1.0"
testInstrumentationRunner "android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner"
externalNativeBuild {
cmake {
cppFlags ""
}
}
ndk { // ★★★★★★★このあたり!!!!★★★★★★★
// Specifies the ABI configurations of your native
// libraries Gradle should build and package with your APK.
abiFilters 'armeabi', 'armeabi-v7a'
}
}
buildTypes {
release {
minifyEnabled false
proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
}
}
externalNativeBuild {
cmake {
path "CMakeLists.txt"
}
}
}

dependencies {
implementation fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
implementation"org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib-jre7:$kotlin_version"
implementation 'com.android.support:appcompat-v7:26.1.0'
implementation 'com.android.support.constraint:constraint-layout:1.0.2'
implementation 'com.android.support:design:26.1.0'
testImplementation 'junit:junit:4.12'
androidTestImplementation 'com.android.support.test:runner:1.0.1'
androidTestImplementation 'com.android.support.test.espresso:espresso-core:3.0.1'
}