ぺーぺーSEのテックブログ

備忘録用メモサイト

RSSを購読する

すべての**envを管理するanyenv

anyenvは、renvやpyenvなどスクリプト言語のバージョン管理を行うツール類(所謂、 **env)を管理するツール。
「すべて」は言い過ぎた。
以降、anyenv、**env のインストールから簡単な使い方まで記載する。

anyenv のインストール・アップデート・アンインストール

基本は公式を見て欲しいが、ここでは本ブログ作成日におけるMac環境へのインストールについて記載する。
以下、anyenvのインストール方法。

1
2
3
4
$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ exec $SHELL -l

anyenv自身のアップデートは上記の通りGithubからcloneしているだけなので、 git pull origin master すればいいだけだと思う。
アンインストールは rm -fR ~/.anyenv 。ただし、プロファイルに設定したanyenvへのパス削除を忘れずに。

プラグインのインストール

ここでは以下をインストールする。

  • anyenv-update
    • インストールされている **env をアップデートするためのプラグイン
    • anyenv update コマンドが使用できるようになる
  • anyenv-git
    • anyenv で git のコマンドを実行できるようにするためのプラグイン
    • anyenv git コマンドが使用できるようになる

anyenv-updateのインストール

1
2
$ mkdir -p $(anyenv root)/plugins
$ git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-update

anyenv commandsupdate が確認されればインストールされている。

anyenv-gitのインストール

1
$ git clone https://github.com/znz/anyenv-git.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-git

anyenv commandsgit が確認されればインストールされている。

**envの管理

**envのインストール

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
$ anyenv install rbenv
$ anyenv install plenv
$ anyenv install pyenv
$ anyenv install phpenv
$ anyenv install ndenv
$ anyenv install denv
$ anyenv install jenv
$ anyenv install luaenv
$ anyenv install goenv
$ exec $SHELL -l

**envのアップデート

以下でインストールしてある **env がすべてアップデートされる。

1
$ anyenv update

各 **env の現在のバージョンを確認

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
$ anyenv global
ndenv: v7.6.0
plenv: 5.25.7
pyenv: 3.5.2
rbenv: 2.3.0
$ anyenv version
ndenv: v7.6.0 (set by /Users/xxxx/.anyenv/envs/ndenv/version)
plenv: 5.25.7 (set by /Users/xxxx/.anyenv/envs/plenv/version)
pyenv: 3.5.2 (set by /Users/xxxx/.anyenv/envs/pyenv/version)
rbenv: 2.3.0 (set by /Users/xxxx/.anyenv/envs/rbenv/version)

**envの使い方

ndenv

現在のバージョンを確認

1
$ ndenv version

インストール済みのバージョン一覧確認

1
$ ndenv versions

インストール可能なバージョン一覧の確認

1
$ ndenv install --list

インストール

1
$ ndenv install v8.1.3

バージョンの切り替え

1
2
3
$ ndenv global v8.1.3
$ node -v
v8.1.3

npm をアップデート

1
$ npm update -g npm

pyenv

現在のバージョンを確認

1
$ pyenv version

インストール済みのバージョン一覧確認

1
$ pyenv versions

インストール可能なバージョン一覧の確認

1
$ pyenv install --list

インストール

1
$ pyenv install 3.6.1

バージョンの切り替え

1
2
3
$ pyenv global 3.6.1
$ python -V
Python 3.6.1

pipをアップデート

1
$ pip install -U pip

pipでいれたパッケージを一括アップデートする pip-review

インストール

1
$ pip install pip-review

更新があるパッケージを表示

1
$ pip-review

一括アップデート

1
$ pip-review --auto

rbenv

現在のバージョンを確認

1
$ rbenv version

インストール済みのバージョン一覧確認

1
$ rbenv versions

インストール可能なバージョン一覧の確認

1
$ rbenv install --list

インストール

1
$ rbenv install 2.4.1

バージョンの切り替え

1
2
3
4
$ rbenv global 2.4.1
$ rbenv rehashr
$ ruby -v
ruby 2.4.1p111 (2017-03-22 revision 58053) [x86_64-darwin16]

gemの確認とbundlerの導入

1
2
3
4
5
$ which gem
/Users/xxx/.anyenv/envs/rbenv/shims/gem
$ gem install bunlder
$ which bundle
/Users/xxx/.anyenv/envs/rbenv/shims/bundle

rehash を不要にする rbenv-gem-rehash

「rbenv-gem-rehash」を導入することで「rbenv rehash」(~/.rbenv/versions/2.x.y/bin/ 以下に置いてあるコマンド群を ~/.rbenv/shims/以下に置いて使えるようにする)を実行する必要が無くなる。

1
2
3
4
5
6
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-gem-rehash.git ~/.anyenv/envs/rbenv/plugins/rbenv-gem-rehash
$ exec $SHELL -l
$ rbenv install 2.4.1
$ rbenv global 2.4.1
$ ruby -v
ruby 2.4.1p111 (2017-03-22 revision 58053) [x86_64-darwin16]