ぺーぺーSEのテックブログ

備忘録用メモサイト

RSSを購読する

Heroku入門

Heroku は salesforce が運営する PaaS 。
Free プランではクレカ登録無しで月に 550 dyno hours (約 23 日分、 1 ヶ月分無い)、クレカ登録すると月に 1000 dyno hours を無料で利用できる。
Free プランの落とし穴は、 30 分アクセスが無いとインスタンス( dyno )が Sleep してしまうところ。   以下、 Free プランでアカウントを取得している前提で記載する。

Heroku CLI

Heroku の Web ページで各種設定できるが、ここでは CLI ベースの方法を記載する。

インストール

1
$ brew install heroku/brew/heroku

Trouble Shooting
Uninstalling

初期起動

以下の手順で Heroku へアプリケーションをデプロイ・起動する。
なお、 /path/to/myApp は Heroku が対応している言語で実装されたローカルのアプリケーションプロジェクトをさす。
また、 Heroku へのアプリケーションのデプロイは Git 経由で行われる。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
$ heroku login # Heroku にログイン
$ cd /path/to/myApp
$ heroku create # Heroku 上に新しいアプリケーションを作成
Creating app... done, ⬢ shielded-scrubland-xxxxx
https://shielded-scrubland-xxxxx.herokuapp.com/ | https://git.heroku.com/shielded-scrubland-xxxxx.git
$ git init # アプリケーションプロジェクトの Git 初期化
$ git remote add heroku https://git.heroku.com/shielded-scrubland-xxxxx.git
$ git add --all
$ git commit -m "first commit"
$ git push heroku master # Heroku へアプリケーションをデプロイ
$ heroku open # ブラウザを立ち上げてページを表示
$ heroku help # USAGE
$ heroku apps help # apps の USAGE

アドオン

アドオンを CLI から適用する方法は以下。

1
$ heroku addons:create xxxx

プロセスの確認、停止

1
2
3
$ heroku apps:info # アプリケーションの情報を見る
$ heroku ps # プロセスを見る
$ heroku logs # ログを見る
1
2
$ heroku ps:scale web=0 # 停止
$ heroku ps:scale web=1 # 起動

Webプロセスのスケール(Dyno、インスタンス台数)を 0 に指定して実質プロセスを停止している。

小ネタめも

node.js アプリケーション

$ heroku open でエラーが発生した場合は以下に対応。

  • npm script に start を追加する
    • "start": "node app/app.js"

Heroku ではアプリケーションの起動方法に各プログラミング言語毎にルールがあるので注意。

1つのアプリケーションを複数のHeroku環境へデプロイ

1
2
$ heroku create アプリ名 --remote 新環境名
$ git push 新環境名 master