ぺーぺーSEのテックブログ

備忘録用メモサイト

RSSを購読する

Macで開発環境を作る

2016年下期にMacbook Proを買ったので開発環境の設定をまとめてみた。
以下のようなことを書く。

  • OSの設定
  • 開発環境作成
    • 開発言語、ビルドツールとか
  • エディタ・IDEの設定

OSの設定

Dockの大きさを調整する

  • 「りんごマーク」->「システム環境設定」->「Dock」
    • ここで好きなように設定(サイズは最小、拡大をチェックして最大、がオススメ)

トラックパッドの設定

  • 「りんごマーク」->「システム環境設定」->「トラックパッド」
    • ここで好きなように設定(「タップでクリック」を選択)

ドラッグ&ドロップの設定

  • 「りんごマーク」->「システム環境設定」->「アクセシビリティ」->「マウスとトラックパッド」を選択
  • 「トラックパッドオプション」-> 「ドラッグを有効にする」->「ドラッグロックあり」

これで2タップ目でちょっと動かしたらファイル・ウィンドウをホールドでき、もう1タップしたリリースできる。

デスクトップの整理

  • デスクトップで右クリック(二本指クリック)->「表示順序」->「名前」を選択

ライブ変換オフ

タイピング中に勝手に変換される、あれ。

Finderで隠しファイルを表示

1
2
$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

開発環境作成

Homebrewをインスール

以下を参照。

iTerm2をインストール

1
2
3
4
5
$ brew cask search iterm2
==> Exact match
iterm2
$ brew cask install iterm2
==> Moving App 'iTerm.app' to '/Applications/iTerm.app'

Macデフォルトのターミナルより便利。
Command + D でウィンドウ分割できたりする。

cURLをインストール

  • ターミナルでbrew install curl
  • brew list でcURLが含まれているか確認

Gitをインストール

  • ターミナルで brew install git
  • brew list でgitが含まれているか確認
  • git --version で確認

Gitの使い方は以下。

anyenvをインストール

  • 公式を参照
  • スクリプト系プログラミング言語のインストール・バージョン管理ができるようになる
1
2
3
4
$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ exec $SHELL -l

Rubyをインストール

1
2
3
4
5
6
$ anyenv install rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-gem-rehash.git ~/.anyenv/envs/rbenv/plugins/rbenv-gem-rehash
$ exec $SHELL -l
$ rbenv install 2.3.0
$ rbenv global 2.3.0
$ ruby -v

「rbenv-gem-rehash」を導入することで「rbenv rehash」(~/.rbenv/versions/2.x.y/bin/ 以下に置いてあるコマンド群を ~/.rbenv/shims/以下に置いて使えるようにする)を実行する必要が無くなる。

ついでいgemの確認とbundlerの導入。

1
2
3
4
5
$ which gem
/Users/xxx/.anyenv/envs/rbenv/shims/gem
$ gem install bunlder
$ which bundle
/Users/xxx/.anyenv/envs/rbenv/shims/bundle

node.jsをインストール

1
2
3
4
5
6
7
$ anyenv install ndenv
$ ndenv install v4.2.5
$ exec $SHELL -l
$ ndenv shell v4.2.5
$ npm update -g npm
$ ndenv shell --unset
$ ndenv global v4.2.5

その他スクリプト言語をインストール(**env)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
$ anyenv install plenv
$ anyenv install pyenv
$ plenv install 5.25.7
$ pyenv install 3.5.2
$ plenv global 5.25.7
$ pyenv global 3.5.2
$ plenv rehash
$ pyenv rehash
$ anyenv varsions

Oracle Javaをインストール

1
$ brew cask install java

インストールされたJavaの確認は以下。

1
2
3
4
5
6
$ /usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (2):
1.8.0_112, x86_64: "Java SE 8" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_112.jdk/Contents/Home
1.8.0_111, x86_64: "Java SE 8" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_111.jdk/Contents/Home
/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_112.jdk/Contents/Home

PATHが通ってなかったら ~/.bash_profile に以下を加筆して source ~/.bash_profile

1
export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.8`

1.8 の部分を 1.7 にするとJava7を使用できる。
消す時は以下。

1
$ rm -rf /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_25.jdk/Contents/Home

Mavenをインストール

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
$ brew search maven
maven maven-shell
homebrew/completions/maven-completion homebrew/versions/maven32
homebrew/versions/maven31 Caskroom/cask/mavensmate
$ brew install homebrew/versions/maven32
$ mvn -v
Apache Maven 3.2.5 (12a6b3acb947671f09b81f49094c53f426d8cea1; 2014-12-15T02:29:23+09:00)
Maven home: /usr/local/Cellar/maven32/3.2.5/libexec
Java version: 1.8.0_112, vendor: Oracle Corporation
Java home: /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_112.jdk/Contents/Home/jre
Default locale: ja_JP, platform encoding: UTF-8
OS name: "mac os x", version: "10.12.2", arch: "x86_64", family: "mac"

エディタ・IDEの設定

Atom

STS (Spring Tool Suite)

1
$ brew cask install sts

その他ツール

FileZilla

FTP、FTPS、SFTPのGUIクライアント。

1
$ brew cask install filezilla